入学試験におけるインフルエンザ等への対応について

  • 感染予防のため、こまめな手洗い・うがい、咳エチケットの徹底、外出時のマスクの着用等を心がけ、健康管理に留意してください。
  • 突然の発熱、咳・のどの痛み、全身のだるさ、頭痛などの症状が出た場合は、インフルエンザが疑われます。最寄りの医療機関を受診し、その指示に従ってください。
  • 試験日までの1週間以内にインフルエンザの診断を受けている場合、インフルエンザに罹患してから試験当日まで解熱後2日間を経過していない場合は、受験を自粛してください。
  • 試験当日の朝は、必ず体温を測定し発熱が無い事を確認してください。また、他にインフルエンザ様の症状が無いことも併せて確認してください。
  • 感染予防のため、また試験当日に咳が出る場合は鼻と口を覆うマスクを着用してください。持参していない場合、試験会場に準備してありますので、希望者は申し出てください。
  • 受付での本人確認の際は、マスクを外してください。
  • 感染予防のため、監督員等がマスクを着用している場合がありますが、御了承ください。
  • 試験会場には、速乾性アルコール消毒液を各所に設置しております。感染予防のため使用してください。
  • 試験中に体調が悪くなった場合は、状況に応じて別室での受験等の対応をいたします。また、受験の中止を指示する場合もありますので、あらかじめ御了承ください。

上記に関する問い合わせ先

宇都宮文星短期大学 教務課入試係
Tel. 028-625-3737 (代表)