企画展情報

◎心の風景詩 上野孝子 油彩スケッチ選抜展

油彩スケッチ選抜展

 上野孝子(1922〜)は、1995(平成7年)、当館の母体である学校法人宇都宮学園理事長に就任、現在までその重責を務めています。また、多忙をきわめる理事長職のかたわら、文星芸術大学油画専攻・宮下實教授に師事し、10年間で500点を超える油彩作品を描いてきました。その内容は、県内外の風景からイギリスの自然まで多岐にわたり、作品のすべてに「描く喜び」「自然の美しさに対する感動」が溢れています。

 本展では、それら精力的に描かれた作品の中から、とくに選ばれたものを展示いたします。初冬の日光の風景、コッツウォルズにかかる夕暮れなど・・・。こころの原風景を描き出したともいえるこれらの作品は、どこかわたしたちを懐かしい気持ちにさせてくれるでしょう。

 「私は人々を癒す肘掛け椅子のような絵を描きたい。」-『色彩の魔術師』と呼ばれた画家アンリ・マティスはこんな言葉を残しています。肩肘をはらず、難しく考えず、楽しい気持ちでゆったりといつまでも見ていられる絵・・・マティスの目指した絵とは、そういうものだったのかもしれません。

 本展も、そのような気持ちでご覧いただきたい作品ばかりです。優しい筆致で描かれた空や風の色合いを、ゆったりと楽しんでいただけたら幸いです。

開催年月日:平成22年6月1日(火)〜7月31日(土)

文星芸術大学系列博物館相当館 上野記念館
〒320-0032 栃木県宇都宮市昭和2-5-8
TEL.028-625-5905 FAX.028-621-2929

▲トップに戻る