企画展情報

◎秋山記念文庫 開館記念展

秋山記念文庫 開館記念展

 秋山光和氏(1908-2009)は、源氏物語絵巻を始めとする絵巻物の研究、そして日本の美術品の光化学的調査の先駆者として、美術史学のうえで多大な功績をのこされた美術史家です。

 氏は、東京帝国大学美術史学科を卒業、東京国立博物館研究員をへて、戦後間もない1950年フランスに留学、そこで学んだX線・赤外線等を用いた研究方法をいち早く日本へ導入しました。その成果は、絵画、彫刻、書蹟、工芸など諸分野の研究に著しい進展をもたらし、また、東京大学、学習院大学教授を歴任、多くの後進を輩出され、美術史学の発展の礎を築きました。

 文星芸術大学では、秋山光和氏の1万冊を超える蔵書・資料のご恵贈を賜り、大学内に『秋山光和記念文庫』を開設、現在、公開・閲覧に供する準備を進めております。開館に先立ち、このたび上野記念館において『秋山記念文庫開館記念展 SALON de Mont 'Automne』を開催する運びとなりました。

 わたしたちが慣れ親しんでいる、高松塚古墳や源氏物語絵巻。これらをはじめとするさまざまな秋山光和氏の研究を広くご理解いただくとともに、岳父である前田青邨や伯父堀口大学などの貴重な資料を、一人でも多くの方々にご覧いただければ幸いです。

開催年月日:平成23年5月28日(土)〜7月9日(土)

文星芸術大学系列博物館相当館 上野記念館
〒320-0032 栃木県宇都宮市昭和2-5-8
TEL.028-625-5905 FAX.028-621-2929

▲トップに戻る