沿革

1911(明治44)年2月
私立宇都宮実用英語簿記学校創立
1915(大正4)年3月
私立宇都宮実業学校に改称
1922(大正11)年3月
栃木県宇都宮実業学校に改称
1929(昭和4)年6月
宇都宮女子実業学校創立
1943(昭和18)年11月
財団法人栃木県宇都宮実業学校に組織変更
財団法人宇都宮女子商業学校に組織変更
1944(昭和19)年3月
宇都宮第ニ女子商業学創立
1948(昭和23)年1月
財団法人宇都宮学園高等学校に組織変更
栃木県宇都宮実業学校・宇都宮女子商業学校・宇都宮第二女子商業学校を併合し、高等科(男子部・女子部)とする
1950(昭和25)年9月
学校法人宇都宮学園に組織変更
1953(昭和28)年10月
女子部を宇都宮女子商業高等学校と改称
1976(昭和51)年11月
上野記念館竣工
1989(平成元)年4月
宇都宮文星短期大学開学
1996(平成8)年4月
宇都宮女子商業高等学校を宇都宮文星女子高等学校に改称
1999(平成11)年4月
文星芸術大学開学
2003(平成15)年4月
宇都宮学園高等学校を文星芸術大学附属高等学校に改称
文星芸術大学大学院修士課程開設
2005(平成17)年4月
文星芸術大学大学院博士課程(後期)開設
文星芸術大学付属中学校開校