デザイン専攻

概 要

画像説明文

●人々の生活に機能するデザイン

デザインは、人々の生活を生みだし支えていくための〈生活装備〉を工夫する創造行為です。生活に必要なさまざまなものごとにおいて、人々にとってそぐわしい機能を保持しながら、時代と社会に適合し、さらには精神的豊かさを形成する美しさを獲得するための〈形づくり〉が機能芸術、またはデザインです。この形づくり=造形の力を養うために、次のようなステップを踏んでいきます。

●基本から...

1~2年次では、描写力を身に付けるとともに、平面・立体・空間、色彩、素材など造形の基本要素となるものの構成・技法・感覚を訓練し、さらに、基礎能力となる文字、レイアウト、製図、立体工作、コンピュータ操作によるデジタル技術を学び、表現の幅を広げるために、写真、版画、シルクスクリーン、製本、広告制作などを体験します。そうして、まずは身近な対象をデザイン課題として取り組みます。

●創作へ...

デザインにおいては、形を創造するに至る知性や計画能力が欠かせません。それを養うために、課題ごとに必要な調査研究や、知識・理論の講議、デザインマインドや教員の体験を話しています。一つ一つを重ねて、いつの間にか厚みを成すことができるのです。また、これからの日本の新資源としてデザインをとらえ、造形教育のみに特化することなく、今の時代を生き抜いていくデザイナーに必要な「経営のための技術」という実践的な側面も学びます。

カリキュラム

画像説明文

● 1 年次

描写の基礎、色彩・構成など造形一般の演習と講義、コンピューターの実習を通じて、制作に必要なスキルと知識を習得します。また、絵画、彫刻、染織、陶芸など他領域の実習も行います。

● 2 年次

印刷、写真、タイポグラフィ、WEB、製図、版画、コンピューター実習などを行うほか、次年度におけるデザインの基礎として位置づけられる描写、構成を演習します。

● 3 年次

学生各自が選択する分野[情報、グラフィックデザイン][プロダクトデザイン][空間デザイン][描画、装飾デザイン]この4つの研究室に分かれ、実習を進めます。

● 4 年次

前期は各研究室ごとに演習を行い、後期はこれまで習得したことの集大成となる卒業制作期間になります。

画像説明文 画像説明文 画像説明文 画像説明文

授業の一例

画像説明文

工作の基礎を学ぶ

小麦粘土を使って決まった大きさのボールを複数作り、そのボールが収まる木の箱を作ります。立体物の制作にはある程度時間をかける必要があります。そのためにまず、きちんとタイムスケジュールを決めなければなりません。また、しっかりと構造を考えなければ、立体として成り立ちません。あるいは小麦粘土は乾くと縮む性質があるといった、物質としての性質を十分考える必要があります。さらに、木材を加工する様々な道具や機械をどのように使用すれば、簡単に美しい加工ができるのか、といった検討も必要でしょう。このような、現実的な様々な問題を解決しながら、最終的に一つのイメージを生み出す作品を目指します。カラーボールの色の組み合わせや、並べ方、箱の大きさや素材、中身へのアプローチの仕方など、イメージを生み出す要素は多様です。この課題の最も重要な点はカラーボールを手でこねて求める色と大きさを作るといった手作業から、ノミやカンナなどの道具を使った作業、さらに精密な木工機械を使った加工まで、幅広く工作の基礎を体験することです。

画像説明文
  • 作品

  • 菊池茉利瑛「まちの灯り」

    菊池茉利瑛「まちの灯り」

  • 岩村歩夢「或る日の客」

    岩村歩夢「或る日の客」(立体) 8期生 最優秀賞/GEISAI#14銀賞受賞

  • 釜澤直子「yuragi」

    釜澤直子「yuragi」(パッケージデザイン) 7期生 優秀賞

  • 大西一豪「錯乱」

    大西一豪「錯乱」(インスタレーション) 7期生

  • 小林佳代「日光街道グルメマップ「NICCO」」

    小林佳代「日光街道グルメマップ「NICCO」」

学生の声

画像説明文

常に何かを感じて、ものづくりをしていたい
坂本真由美(8期生)〈桐生第一高校出身〉

自由な発想で、さまざまな角度から、ものづくりを楽しめるのがデザインの利点だと感じています。 授業では写真やイラストレーション、グラフィックデザイン、Webや製図など、幅広い分野を学ぶことができ、中でも私は素材集めの授業でデザインの楽しさを知りました。ふと撮った何気ない写真、道端に落ちている石、ゴミ、らくがき......デザインで使える素材は日常の中にあふれていて、そこから写真集を作ったり、一枚のグラフィックにしたり自分の好きなかたちにする。まだまだ自分の知らないものづくりの世界は山ほどあります。 いつかは自分の作ったもので、一人でも多くの人に何かを感じてもらえるように、今はいろいろなものを吸収し、自分の好きなものづくりをコツコツ続けていこうと思っています。

画像説明文