日本画専攻

概 要

画像説明文

●現代に生き、明日に向かう日本画を目指して

現代の日本画を創造していくために、基礎技法の習得、基礎造形力を養う写生や描画を行い、そして視野を広げるさまざまな実技を体験していきます。その中から、それぞれの想像力、潜在能力を見つけ出し、新しい造形精神をもった人材に育てることを目指します。新たな表現方法を研究するとともに古典への知識も深めながら、日本画を現代に生き明日に向かう絵画としてとらえ、現代絵画としての「新しい日本画」を追求していきます。

●新しい感性を加えて描く

日本画は、さまざまな文化を取り入れながら日本独自の空間表現や造形表現を創造してきました。日本画の用具・用材には天然の物が多く、鉱物や貝殻から作られた絵の具をはじめ、 膠、和紙、絹、金銀箔、貴重な動物の毛からできている筆、これらをさまざまに用いて制作します。現代日本画は、受け継がれてきた独自の造形思想や技法、素材に新しい感性加えて描き表現していきます。

●個人の感性を生かした造形表現へ

技法と造形力の基礎づくりを目的に、豊かな自然やさまざまな対象を写生し、日本画制作に取り組みます。竹林や大きな池を備えた実習庭園は、季節の移ろいを感じながら制作するのに適した空間です。こういった制作のほかに、古典研究の授業では地域と連携して天井画の制作を行っており、また表装などの実習を通して伝統的な技術と広い視野を学びとります。それぞれに個性ある表現を発見し、伸ばしていくための基盤となるカリキュラムです。
こうした学習を基にして各自の自由な発想に磨きをかけ、4 年間積み重ねてきた実力を存分に発揮して、集大成としての卒業制作に臨みます。現代日本絵画は多様化、複雑化しています。本学では、創造することの喜びと厳しさを経験しながら、基礎の習得から個々の感性を生かす造形表現へとつなげていきます。そして自ら個性を発見し、発揮することで自由に造形し、表現できる人となるように、一人一人を見つめて育成していきます。

カリキュラム

画像説明文 画像説明文

● 1 年次

まず日本画の基礎的な制作工程を体験していきます。15 ~ 30号程度のものをくり返し描くことによって、日本画の画材の特質をつかみ、扱うことの楽しさを学びます。また、さまざまな題材を描くことによって、形や特徴、性質を表現することの大切さを学びます。

● 2 年次

日本画の制作は写生に始まります。写生を通して物を観る力を養い、空間の持つ奥行の深さや調子などをとらえる感性、豊かに表現する技術を身に付けます。また、材料や支持体についての知識、その扱い方や技法について学びます。

● 3 年次

人体デッサンや写生を積み重ね、基礎力を確かなものにしていきます。風景制作や動物制作を通し、観察力や豊かな絵画的表現を養います。具体的に自分が「何に感動し」「何を表現したいか」を意識しながら、独自の絵画表現を追求していきます。

● 4 年次

実践的な制作を基本にして、それぞれの個性や表現を生かした指導を行います。また小下図チェックや中間講評を行い、学生個々の完成度を高め、一人一人の自由な発想の下に、造形表現をすることを目標とします。

画像説明文 画像説明文 画像説明文 画像説明文

授業の一例

画像説明文

「天井画:古典画法から学ぶ」

日本画専攻の授業の一つに、古典研究があります。古くから画家は修行のために昔の優れた作品を模写してきました。日本画は現在作家の個性を重んじて描かれていますが、模写を通してその精神性や技術を学び昔の人の感性に触れることは、これからの芸術を創造していく者にとって栄養となっていくものと思います。
日本画専攻では、平成21年度から3年にわたって、3年生と大学院生の古典研究の合同授業として、大学に程近い日光市にある真言宗泉福寺本堂の天井画を制作しました。泉福寺の総本山が京都の智積院であることから、そちらに納められている長谷川等伯らが描いた国宝の障壁画の中から図案を切り取り、描かれた400年前当時の彩色を想定して描きました。また、制作の途中で実際に京都の智積院に行って図案のもととなった障壁画を見学し、写真では判断できない線描や彩色などの調査も行いました。
この授業を通して、400年前の作者の気持ちと伝統技法を学び、さらに自己の制作の糧となることを望んでいます。また、自分の作品が天井画となり、後世の人々の目に触れることとなる貴重な体験となったことと思います。 天井画は、平成23年に全88面が完成し、泉福寺に納められました。

画像説明文 画像説明文
  • 作品

  • 奥家えりか「初秋」

    奥家えりか「初秋」 画材/白麻紙、墨、水干絵具、岩絵具/1303×4860mm

  • 鎌田萌奈美「白波図」

    鎌田萌奈美「白波図」 画材/襖、和紙、銀箔、墨、胡粉/1655×4215mm

  • 鈴木美保子「Where's Three-White?」

    鈴木美保子「Where's Three-White?」 画材/高知麻紙、岩絵具、水干絵具、胡粉/ 2270 × 3000mm

  • 内田葵「思う」

    内田葵「思う」 画材/土佐麻紙、岩絵具、水干絵具、箔/2273×1818mm

  • 藤原幸「空艪、烏」

    藤原幸「空艪、烏」 画材/岩絵具、水干絵具、ポスターカラー/1670×2273mm

  • 下嶋沙織「Primary Field」

    下嶋沙織「Primary Field」 画材/土佐麻紙、水干絵具、岩絵具、墨、箔/1818×2185mm

  • 橋本文「最前線の兵士たちへ」

    橋本文「最前線の兵士たちへ」 画材/雲肌麻紙、岩絵具、水干絵具、箔/2273×1818mm

  • 中谷かおり「山眠る」

    中谷かおり「山眠る」 画材/雲肌麻紙、岩絵具、箔/1680×3680mm

学生の声

日本画専攻10期生 谷口尚子

私の中で日本画というものは普段触れることがない未知の世界だと思っていましたが、いざ手にしてみると他の画材にはない表現方法や魅力があり、とてもやりがいのある分野でした。
印象に残っている講義は、古典研究の天井画制作です。京都にある智積院の長谷川等伯が描いた障壁画を元に、天井板に復元模写をする授業です。その際、実際に障壁画で使われていたであろう絵の具や金箔を使用する等、日本画の伝統的な画材に触れながら、当時の古典技法を学べる為、大変貴重な経験を積むことが出来ました。
この四年間、様々な授業を通し学んできたことで自分自身も成長し、創作においても多くの発見がありました。卒業してからも文星で学んだ事を生かして、今後の自分の制作に役立てていきたいと行きたいと思っています。

画像説明文