学長挨拶

文星芸術大学 学長

ちばてつや

5つの理想を掲げて歩む

●本学の立志・創立

文星芸術大学は、栃木県宇都宮市にあって、先進的芸術教育の実現を志し、5つの理念・理想を掲げて1999年に創立しました。

1. 充実した教育体制

教授陣に、優れた作家、芸術家、研究者、教育者を迎えて、充実した教育体制をつくります。

2. 新しい創造観に立った内容編成

教育内容が芸術的創造そのものの進歩発展に即したものであり、その内容を、組織的、体系的に指導します。新しい芸術観、創造観に立った教育内容を編成し、基礎から専門へ、専門から応用・発展へと積み上げていく教育課程を構築しています。

3. 人格的感化をともなうはぐくみ

指導者と学習者が人格的感化をともないながら接触し、直接的授受として行われるものこそ芸術創造においてのはぐくみかた、学びかたです。その授受が確実に行われる場面を重視し、本学は、「工房主義」をよりどころに、指導に力を入れています。

4. 夢のある学び舎

芸術を学ぶためには、夢のある教育の場でなければならないと考えます。楕円の空間が幻想的なデッサン室、各専攻のアーティスト、クリエーターの卵たちが制作に没頭できる個性的な実習室、四季折々の表情を見せる実習庭園、最新の機器を備えたコンピュータ室など、学習する者の夢と希望にこたえる施設を整えています。

5. 世界に発信する芸術

現在日本は、混沌とした世相となっています。世界からの信用を得るのは、今が一番大切な時だと思います。私たちが考えることは、日本の伝統文化のすばらしさを世界に発信することです。油画・日本画・染織・陶芸・彫刻など、古くから学ばれてきた芸術分野をしっかり踏まえつつ、新しい発想も大切に考える、ほかにない大学であると自負しております。昨今はマンガ、そして映像に力を入れています。デザインも大切です。芸術文化が日本を変えてゆくと信じて、世界に羽ばたく文化人を生み出す大学となることを、心から念じております。

●メッセージ

2019年度より、文星芸術大学の学長に就任することになった ちばてつや です。

 

私がこの大学に来てから丸14年が経ちました。その間、マンガを学びたいという多くの若者が集まり、また巣立っていきました。地元栃木県を中心に、近隣の県や東北地方から来た学生、さらに中国や韓国、そしてマレーシアから来た留学生もいます。

 

言葉も習慣も違う海外の人でも、絵を見るだけでストーリーがわかり、キャラクターの感情が伝わる優れたメディアであるマンガは、世界中で楽しまれている日本の文化の一つです。2020年の東京オリンピックも迫り、いよいよ国際化が求められる現在、マンガを含め、デザインやアートなど日本の芸術文化を発信できる若者を育てることはとても意味のあることです。

 

そして、文星芸術大学がここ栃木県にある、ということも重要です。この小さな大学は地域の人々、企業や自治体などと連携をしながら、多くの事業を行なってきました。地域に根を張り、ともに成長しているということも、この大学の強みになっていると感じています。私はこの文星芸術大学の学長として、地元に愛され、そして世界に芸術文化を発信していける大学にしていきたいと思っています。