資料請求はこちら

教育課程

カリキュラム概略 参考: 本学の教育プログラム(平成28年度)

 

教養科目

大学生として、社会人として必要な素養(主として1年次)

《教養》は、広い視野から物事の本質をとらえ、主体的に判断する力を身につけるための大切な科目です。美術活動が社会と調和して発展するためにも、幅広い知識や深い思考力が必要だからです。教養科目は基礎教育(人文・社会・自然系の科目)、キャリア形成(情報リテラシー、コミュニケーション能力など、社会人に必須の実践的スキルの習得に重点をおいた科目)、外国語系、保健体育系の4つに別れています。

 

共通基礎科目

専門教育への基礎固め(主として1年次)

本学では、入学当初から《共通基礎》の講義と実技により、美術の基礎的な技能・知識を体系的に身につけていきます。《講義》では、美術、デザイン、マンガなどの概説的な科目を、自分の興味・関心に応じて受講することができます。アート分野を深く理解し、芸術を愛する教養人となってもらいたいと考えています。《実技》では、専門教育に進んだ際に必要となる各専攻の基礎的なスキルを、多様な課題を通じて学び、確実なものにしていきます。また、本学の特徴的なカリキュラムとして、専攻の枠を越えてさまざまな造形表現を体験できる選択科目も多数用意されています。他分野の経験は、創作表現の幅を広げ、他専攻の学生とも刺激し合える機会となるでしょう。

 

専門教育科目

専門性の獲得と個性の追求(2年次以降)

2年次以降は、各専攻ごとに設定された《専門教育》を主に履修していきます。それぞれの専門性を深く探求し、表現者としてのアイデンティティーを確実に手に入れるカリキュラムです。学年が進むに従い、本学の少人数教育の利点を生かし、学生一人一人の指向に応じて、指導教員をマンツーマンに近い形で、制作や研究を行っていきます。

 

資格取得科目

美術の専門性を仕事に活かせる資格

【教育職員免許取得科目】

本学において必要な単位を修得することにより、《教育職員免許法》が定める下記の教員免許を取得できます。

 

  • 中学校一種[美術]───── 中学校の美術教員
  • 高等学校一種[美術・工芸]─ 高等学校の美術・工芸の教員

【学芸員資格取得科目】

《博物館法》が定めている学芸員資格を取得するための科目です。《学芸員》とは、博物館(美術館、歴史民俗資料館、自然科学館など博物館法が定めているもの)において、歴史、芸術、民俗、自然科学などにわたる博物館の資料収集・保管、企画展示、および調査・研究などを行い、これに関する事業についての専門的事項を行う職員のことです。本学において必要な単位を修得することにより、「学芸員資格」を取得できます。

 

その他、日本語検定、日本語ワードプロセッサ検定、情報処理技能検定、CGクリエーター検定、美術検定など、就職・美術関係の検定に対応した科目が設けられています。

本サイトに掲載されている「PDFファイル」をご覧いただくには Adobe Acrobat Reader DC (Adobe Reader) が必要です(無償)。
Get Adobe Acrobat Reader DC

本サイトのフォントについて