資料請求はこちら

大学からのメッセージ

5つの理想を掲げて歩む

本学の立志・創立

理事長・学長

学校法人宇都宮学園
理事長
文星芸術大学
学長 上野憲示

文星芸術大学は、栃木県宇都宮市にあって、先進的芸術教育の実現を志し、5つの理念・理想を掲げて1999年に創立しました。

 

1. 充実した教育体制

教授陣に、優れた作家、芸術家、研究者、教育者を迎えて、充実した教育体制をつくります。

 

2. 新しい創造観に立った内容編成

教育内容が芸術的創造そのものの進歩発展に即したものであり、その内容を、組織的、体系的に指導します。新しい芸術観、創造観に立った教育内容を編成し、基礎から専門へ、専門から応用・発展へと積み上げていく教育課程を構築しています。

 

3. 人格的感化をともなうはぐくみ

指導者と学習者が人格的感化をともないながら接触し、直接的授受として行われるものこそ芸術創造においてのはぐくみかた、学びかたです。その授受が確実に行われる場面を重視し、本学は、「工房主義」をよりどころに、指導に力を入れています。

 

4. 夢のある学び舎

芸術を学ぶためには、夢のある教育の場でなければならないと考えます。楕円の空間が幻想的なデッサン室、各専攻のアーティスト、クリエーターの卵たちが制作に没頭できる個性的な実習室、四季折々の表情を見せる実習庭園、最新の機器を備えたコンピュータ室など、学習する者の夢と希望にこたえる施設を整えています。

 

5. 世界に発信する芸術

現在日本は、混沌とした世相となっています。世界からの信用を得るのは、今が一番大切な時だと思います。私たちが考えることは、日本の伝統文化のすばらしさを世界に発信することです。油画・日本画・染織・陶芸・彫刻など、古くから学ばれてきた芸術分野をしっかり踏まえつつ、新しい発想も大切に考える、ほかにない大学であると自負しております。昨今はマンガ、そして映像に力を入れています。デザインも大切です。芸術文化が日本を変えてゆくと信じて、世界に羽ばたく文化人を生み出す大学となることを、心から念じております。

 

3つのダイナミクスからアウフヘーベン

アウフヘーベンとは、ドイツの哲学者であるヘーゲルが弁証法の中で提唱した概念。日本語では今までの概念を高みに揚げた「止揚」(しよう)」と訳す。

 

1つめは、日本の伝統文化というダイナミクスです。本学は、世界遺産日光に至る杉並木街道沿いに立地し、緑豊かなそのキャンパスには、かぐわしい文化の芳香が漂います。江戸時代の文化財の宝庫である日光の社寺を身近に触れ、「日光学」をキーワードに、私たち日本人が伝統として受け継いだ和の心を掘り下げ、自らのアイデンティティをきちんと見据える作業を通じ、現代アートのベースをしっかと固めて内外へ発信するエネルギーを育てていきます。

 

2つめは、明治の文明開化以降ヨーロッパ各国から学んだ西欧の芸術文化というダイナミクスです。爾来、美術の専門教育には、その程度の差こそあれ、西欧流の美のとらえ方や表現方法が深く浸透しています。洋の作法ともいうべき近代的美術教育を、染み付いた和の感性に対する対概念として深く学んでいきます。

 

3つめは、美術にかかわる産業のダイナミクスです。本学の周辺には足利や真岡、益子など、芸術文化と結びついた地場産業の蓄積があります。本学とこれらの地域の芸術的産業、さらには、これから新たに興隆していく産業との間に、相互作用を通じて両者のかかわりや、地域における芸術家の生き方を学んでいきます。

 

本学は、以上の3つのダイナミクスの上に教育体系を構築し存在しています。いずれ、高い域での昇華が可能となるでしょう。芸術をこよなく愛する人たちの躍動と雄飛の場として、活気あふれる新しい大学こそが文星芸術大学なのです。

 

世界につながる”好き”

学部長

文星芸術大学
学部長 岡本幸久

何かを表現したい、自分の能力を磨き上げる、好きな世界を極める、有名になる。これらの始まりは自分の好きな事はどうやらこれらしい、この分野に興味がもてる、この世界に関することで他の人より評価される、このような事から始まります。もちろん個人一人が世の中で生きて行ける訳ではありません。個々の得意分野は自己表現、研究を通してコミュニケーションを図り、他の人とそして人の繋がりである社会と深く結びついています。社会とコミュニケーションを行う手だてとして、私達は美術という分野に興味を持っているのかもしれません。

 

作品の創造やテーマに基づいた研究に時間と情熱を注ぎ、本気で取り組んだ対象物には、かけがえのない価値が生まれます。同様にして造られた他の人の作品や研究に対しても理解が生まれます。人は、数値や序列だけでは計りきれない個々に優れた面を持っています。むしろ、他と異なる面が大切な場合があります。美術とは、そのような部分を積極的に認める世界なのです。多種多様な民族と文化、国が混在する世界の中で叫ばれるグローバル化。グローバル化は世界の標準化ではなく、異を認め存在してゆく価値観の変化です。美術の世界はグローバルそのものです。美術は世界中の人々が作品を通じて理解できる共通言語であるといえます。

 

本来、美術は自らと社会との要求によって展開され、技術はそれを支えることで目的を達成することができます。美術大学で学ぶということは、美術という特殊な能力を具体的な方策として、社会で必要とされる存在価値を得ることといえます。本学はその方策を得るチャンスを提供します。これから皆さんは、美術の持つ豊かで人間共通の価値を創造できる未来に、希望と自信を持って新たな一歩を踏み出して欲しいと思います。

本サイトに掲載されている「PDFファイル」をご覧いただくには Adobe Acrobat Reader DC (Adobe Reader) が必要です(無償)。
Get Adobe Acrobat Reader DC

本サイトのフォントについて