資料請求はこちら

デザイン専攻

デザイン/CG・アニメーション/工芸

 

概要

デザインのチカラ

実践的なデザイン課題を通して、実際に運用できる成果物の提案を行っています。ブランディング、グラフィック、陶器、テキスタイル、プロダクト、パッケージ、エディトリアル、インテリア、ディスプレイ、イベントプラン、映像、広告など、あらゆるデザインによる活性化に取り組んでいます。柔軟な思考と幅広い見識を養い、時代の空気を読み取る力を身につけ、地元栃木はもとより、全国へデザインを発信していきます。

 

次の時代への新しいデザインの可能性を考えながら取り組んでいきます

SONY DSC

デザイン
佐々木悟郎 教授

「デザイン」の会社における役割や意識が大きく変化してきている近年、それに呼応すべく環境作りをしています。そのための改革として、工芸、CG・アニメーションの分野もデザイン専攻に包括することと、インターアクティブにかつバラエティーに富んだカリキュラムの選択が可能になりました。次の時代への新しいデザインの可能性を考えながら取り組んでいきます。

 

何を表現したいか? を大切にし、それを引き出すためカリキュラムに織り交ぜ指導します

okamoto_yukihisa

CG・アニメーション
岡本幸久 教授

手書き、コマ撮り、実写、CGと、これらを組み合わせた、独自の映像表現を学びます。コンピュータを介することで、ネットコンテンツへの変換、Web上からの発信と、時代の要求に沿ったスキルを身に付けます。ただ基本となるのは何を表現したいか? ということです。各自の着眼点、美意識、基本感性の醸成、昇華といった要素をカリキュラムに織り交ぜ指導します。

 

共に模索し創造する集団を目指します

「ものつくりJAPAN」が国の施策になり、世界文化遺産として格付けされています。対外的に日本の文化度の象徴として謳われていますが、それは江戸時代から続く工芸大国のたまものです。脈々と受け継がれている工芸資質・才能のDNAを持つ人は潜在的に多いです。新しい「ものつくりJAPAN」を築く人材は素材・技法とデザインの融合の学びが欠かせません。共に模索し想像する集団を目指します。

 

カリキュラム

1年次

デザイン専攻カリキュラムイメージ01描写、色彩、平面・立体の構成、デザイン概論、素材研究など造形と理論の基礎を重点的に学ぶとともに、メディアリテラシーを通してグラフィックデザインや映像、3Dのアプリケーションの基本操作をします。また、写真、アニメーション、印刷、シルクスクリーン、織、ろくろなど制作に必要なスキルと知識を学びます。

 

2年次

デザイン専攻カリキュラムイメージ02[デザイン] [CG・アニメーション] [工芸]の3分野とも、あらゆる領域のデザイン、発想方法、技法体験、素材特性、作業工程と道具の基本的な使い方などを習得していきます。また、キャリアアップ講座でスキルアップ、さらにポートフォリオ制作や、作品紹介サイトの構築など、就職活動に必要なコンテンツ構成力も養います。

 

3年次

デザイン専攻授業イメージ03より高い表現力を得るための技術や技法を学ぶとともに、「地域デザイン」課題を通して、デザインで問題を解決し、他者とコミュニケートする実践的な体験を分野を越え、合同で取り組みます。また、積極的に作品の展示・発表、コンペへの参加などの指導も行い、スケジューリングおよび、プレゼン能力向上を目指します。

 

4年次

デザイン専攻カリキュラムイメージ04自分の表現の方向性を定め、卒業制作に取り組みます。それまでに培ってきた表現力、発想力を発揮し綿密なプラニングを教員とともに練り上げ、4年間の集大成として卒業制作を創り上げます。

 

授業の一例

デザイン

さくら市と連携 瀧澤家住宅を活用したまちづくり

3年生全体で年間を通して栃木県さくら市櫻野の実業家・瀧澤喜平治の家「瀧澤家住宅」を利用した地域連携の課題に取り組んでいます。デザイン専攻の学生によるアイデアで新たな活用を探りました。

 

CG・アニメーション

デザイン専攻授業イメージ02コンピュータグラフィックス

3Dコンピュータグラフィックスは、近年の映画やアニメーションなど、様々な映像の中で頻繁に使われる技術になっています。ソフトウェアも進化し、単純なものだったら誰でもすぐ作れるようになってきましたが、クオリティを追求しようとすると非常に難しい技術です。最初は基本プリミティブ(旧や直方体や円柱のような形)を変形させるところから、次第に自由な造形を作り、それに動きをつけていきます。光の作り方、カメラの位置、そして特殊効果を使っての手描では出来ない映像を作っていく授業です。

 

工芸

design_lesson_img03染織 繊維と染料を使った表現と技法を学ぶ

型染、友禅染、(かすり)、つづれ織など染めと織りの基本から課題を積み重ね、自分に合った表現や技法を探っていきます。学生の作品は着物、帯、ドレス、ストール、バッグ、クッション、インスタレーションと最終形態も様々。手仕事を通して素材と向き合い、生き生きとした布の可能性を追求し、制作ができるよう、他にもスクリーンプリント、紅型染め、組織織り、二重織りなど方向性に合わせて技法を学んでいきます。

 


 

その他、授業については、学校案内パンフレットで紹介しています。

資料請求は こちら

 

ブログ

デザイン専攻のブログもご覧ください。

http://buadesign-blog.tumblr.com/

 

作品

デザイン専攻作品イメージ01

菊池茉利瑛「まちの灯り」

デザイン専攻作品イメージ02

岩村歩夢「或る日の客」 (立体) 8期生最優秀賞/GEISAI#14銀賞受賞

デザイン専攻作品イメージ03

釜澤直子「yuragi」 (パッケージデザイン) 7期生 優秀賞

デザイン専攻作品イメージ04

田村遥奈「星の銀貨」 9期生/2Dアニメーション

デザイン専攻作品イメージ05

川上真奈美、石田三恵「おとしもの」/1年次自主制作、宇都宮愉快CMコンテスト大賞受賞

デザイン専攻作品イメージ06

川瀬信也、星野哲也「ARSENAL CROSS」 2期生 最優秀賞/3DCG+セルアニメーション

デザイン専攻作品イメージ07

青柳奈緒美「私とサカナと仲間たち」 6期生 二重織/テグス、アクリルシート、塩ビシート、プラ板 300×240㎝

デザイン専攻作品イメージ08

君島杏奈「私の宇宙星雲」 10期生 蝋染/絹、酸性染料 170×135×38㎝

デザイン専攻作品イメージ09

野村拓矢 「青白磁影青幾何学紋皿」 10期生 卒業制作優秀賞 磁土/ろくろ 50×50×5㎝

 

学生の声

デザイン専攻 4年 田原航(潮来高等学校出身)

私はデザイン専攻ですが、「バイク好き」ということはずっと変わらず、解体して新たな立体を制作したり、陶器を制作したりと存分に作りたいものを作ってきました。専門の先生方に教えていただき、こんなにも縦横無尽にのびのびと制作できたのは、ありがたかったです。4年間、誰にも負けないくらいたくさんのことを学んだという自信があります。モノをつくるのが好きなので、何かを作ることは続けていきたいです。

本サイトに掲載されている「PDFファイル」をご覧いただくには Adobe Acrobat Reader DC (Adobe Reader) が必要です(無償)。
Get Adobe Acrobat Reader DC

本サイトのフォントについて