資料請求はこちら

陶板で作る若冲 -伊藤若冲の動稙綵絵を原寸大で陶板に描く-

tougei_tenji_omote tougei_tenji_ura

 

[開催期間] 平成30年6月2日(土)~6月26日(火) 

[開催場所] 佐野市吉澤記念美術館

 

 ― 伊藤若冲の動稙綵絵を原寸大で陶板に描く -

 

            ごあいさつ

この度、吉澤記念美術館交流館において2年ぶり2回目となる「陶板で作る若冲」展を開催いたします。

文星芸術大学のデザイン専攻の陶芸研究室では学びの一つとして若冲の動稙綵絵を原寸大で陶板に描く取組をしています。陶板に模写することで若冲の筆勢の大作と呼ばれる動稙綵絵の芸術性を学び、陶磁器の素材感で表現するにはどのようにすればよいか制作を通して迫ります。

土練から始まり、色釉の調合、彩色技法、窯詰から窯焚きまで、制作を通じて素材を育む感性と確かな技を習得していきます。

今回は文星芸術大学陶芸専攻学生、檀国大学からの留学生、社会人も交え十幅を制作発表する予定です。

学生と共に荘厳たる景色を夢見て三十三幅に挑戦中です。

是非、ご高覧下さりますようご案内申し上げます。

 

                     文星芸術大学   迎泰夫陶芸研究室

 

IMG_0385-2IMG_1719-2IMG_1518チェリン-2