資料請求はこちら

大学院の教育理念

教育理念

本学は教育基本法に則り、学校教育法の定めるところにより、学是「三敬精神」を教育の基盤として学術の理論および応用を教授研究し、その深奥を究め、または高度の専門性が求められる職業を担うための深い学識および卓越した能力を培い、教育研究を通じて人格を陶冶するとともに、学部の教育体系を基礎に、より高度な専門知識・能力および研究を修めた人材を養成し、文化の進展に寄与することを教育理念とする。

 

教育目的

本学は、優れた芸術作品制作者、有能な研究職従事者の養成、伝統と最先端の双方に根差した高度な優れた美意識を持った人材の養成および広く文化に貢献できる人材養成並びに文化を大切にする姿勢が他(国)を理解し、互いに影響を与えるこれからの国際人の養成を教育目的とする。

 

教育目標

博士前期課程は、学部教育において修得してきた制作技術と造形理念および芸術理論を踏まえ、より高度な専門知識・能力をもった人材を、博士後期課程では、造形創作を人と環境との調和を視点に理論展開し、創作研究系も高度に洗練された造形表現手法の研究に力点を置きながら新しい芸術研究の展開ができる人材を養成することを教育目標とする。

大学院概要

美術界を牽引する人材を養成する

美術大学において4年間の課程を修め、美術の各専門分野においてさらなる制作研究を志す人のために、大学院芸術研究科の教育課程が用意されています。

 

博士前期課程は、各々の表現分野、研究対象をより深く掘り下げ自らを磨き上げるための、一歩踏み込んだ学習内容。ひとりひとりが自分の創作研究の足場を見極め、探究する方向性をしっかりと定めて制作・研究していく2年間です。技術や表現といった個人的差異の大きい美術という分野は、一定の評価を得るまでに長い時間を要する分野であると言えるでしょう。学習内容の骨格となるのは、学生ひとりひとりの主体性と積極性にほかなりません。

 

博士後期課程は、美術の世界におけるリーダーを育てる3年間のカリキュラムです。学部と博士前期課程で積み上げてきた知識や技術を軸に、さらに広く深い事象に見識を広げ、技を磨き、卓越した発想力と想像力を身につけていきます。各々のテーマにおける国際的な基準をも見据えながら、確かな理論に裏打ちされた優れた作品や研究論文を積極的に発表し、美術界を牽引していく人材を輩出することをめざします。創作と研究に対する情熱と、行動力のある人の挑戦を期待しています。

 

大学院の構成

  • 大学院芸術研究科
    • 博士前期課程
      • 造形芸術領域
      • 機能芸術領域
      • 芸術理論領域
    • 博士後期課程
      • 造形創作領域
      • 芸術理論領域

教育課程概要

博士前期課程

各研究領域の制作研究・特別研究を軸に、全領域共通の科目を設定。学生は、各自の制作研究・特別研究を中心に、所定の単位を修得します。学生自らの設定した研究テーマにそって、必要な研究指導を受けながら自主的に制作研究を進めます。そして、修士作品もしくは修士論文の審査に合格した者には、修士(芸術)の学位が授与されます。

 

博士後期課程

研究領域それぞれの研究科目を軸に構成されています。両領域共通の科目を設定。学生は各自が設定する研究テーマを中心に、実技指導教員、論文指導教員の指導を仰ぎながら所定の単位を修得します。研究科委員会に対して個々の研究活動を報告し、作品と論文の進捗を詳らかにしながら自主的に研究を進めていきます。そして、博士作品および論文の審査と口頭試問試験に合格した者には、博士(芸術)の学位が授与されます。

大学院募集人員・試験日程

研究科・専攻および募集人員

博士前期課程、就学年限2年

研究科 専攻 研究領域 研究分野 募集人員
芸術研究科 美術専攻 造形芸術 日本画/油画 9名
機能芸術 デザイン/CG・アニメーション/
マンガ/工芸デザイン
9名
芸術理論 美術理論・美術史 2名
 合計  20名

博士後期課程、就学年限3年

研究科 専攻 研究領域 研究内容 募集人員
芸術研究科
   
美術専攻 造形創作 日本画
油画
デザイン
5名
芸術理論 芸術理論

試験日程

日付は12月までは「平成29年」、1月以降は「平成30年」です。

 

種別 出願期間 試験日 合格発表日 入学手続期限
博士前期課程 I期 11月13日(月)~12月1日(金) 12月6日(水) 12月8日(金) 1月12日(金)
博士前期課程 II期 2月19日(月)~3月5日(月) 3月9日(金) 3月10日(土) 3月23日(金)
博士後期課程 I期 1月29日(月)~2月16日(金) 2月23日(金) 2月27日(火) 3月16日(金)
博士後期課程 II期 2月19日(月)~3月5日(月) 3月9日(金) 3月10日(土) 3月23日(金)

出願期間は「必着」、入学手続期限は「消印有効」です。

 

入学試験種別ごとの詳細

詳細は、各入学試験種別ごとのページをご覧ください。

 

大学院入学金/授業料

入学金/授業料

博士前期課程: 造形芸術/機能芸術、博士後期課程: 造形創作

【一般入学生】

項目 入学時/前期 (入学手続期間内に納入) 後期 (9月に納入)
入学金 300,000円
授業料 210,000円 210,000円
施設設備費 125,000円 125,000円
教育充実費 75,000円 75,000円
実験実習費 50,000円 50,000円
合計 760,000円 460,000円

【文星芸術大学出身者】

項目 入学時/前期 (入学手続期間内に納入) 後期 (9月に納入)
入学金 150,000円
授業料 210,000円 210,000円
施設設備費 125,000円 125,000円
教育充実費
実験実習費
合計 485,000円 335,000円

博士前期課程: 芸術理論、博士後期課程: 芸術理論

【一般入学生】

項目 入学時/前期 (入学手続期間内に納入) 後期 (9月に納入)
入学金 300,000円
授業料 160,000円 160,000円
施設設備費 100,000円 100,000円
教育充実費 75,000円 75,000円
実験実習費 15,000円 15,000円
合計 650,000円 350,000円

【文星芸術大学出身者】

項目 入学時/前期 (入学手続期間内に納入) 後期 (9月に納入)
入学金 150,000円
授業料 160,000円 160,000円
施設設備費 100,000円 100,000円
教育充実費
実験実習費
合計 410,000円 260,000円
  • 本学では、初年度の授業料等納付金を一括納入か分割納入(2回)のどちらかを選択できます。
  • 寄付金、学債の負担義務はありません。詳しくは入学試験要項をご覧ください。

諸会費(その他の納付金)

項目 博士前期課程 博士後期課程
学生教育研究災害傷害保険料
(学研災付帯賠償責任保険を含む)
2,430円 3,620円
学友会会費 6,000円 9,000円
父母の会会費 20,000円 30,000円
学生証発行料 1,000円 1,000円
合計 29,430円 43,620円

入学時のみ、納入していただきます(博士前期課程: 2年間分、博士後期課程: 3年間分)。

教科書代、実技に関る画材、材料費は別途必要になります。

 

国の教育ローン(日本政策金融公庫)

学びたい方を幅広く支援し、日本学生支援機構の奨学金と併用も可能! 受験前でもお申し込み可能!

 

オリコ学費サポートプラン

本学の学費納付については、オリコ(株式会社オリエントコーポレーション)が提供する提携教育ローン「学費サポートプラン」をご利用いただけます。詳しくは下記をご覧ください。

 

学費支援制度


 

入学金/授業料等の振込に関するお願い

博士学位論文

博士学位論文(要旨)を公開します。「内容の要旨及び審査結果の要旨」は別表に掲載します。

 

学位記 氏名 研究領域
研究分野
学位授与
年月日
論文題目 指導教員
甲博第1号 北嶋秀子 芸術理論
芸術理論
2008年
3月20日
日光東照宮色彩美の現代における
評価に関する研究
小町谷朝生
甲博第2号 劉大志 造形創作
彫刻
2010年
3月20日
擬態彫刻の研究
-「帰形」人間の動物的表現-
杉山惣二
小町谷朝生
甲博第3号 稲葉友宏 造形創作
彫刻
2011年
3月20日
彫刻表現における「空白」の可能性 伊藤萌木
杉山惣二
小林利延
甲博第4号 白成淑 芸術理論
芸術理論
2011年
3月20日
W.Mヴォーリズの教会設計第一作
「福島教会」礼拝堂の研究
-日本の初期プロテスタント教会に
おける空間装飾-
小林利延
甲博第5号 BARRIGA
MONROY
JORGE
ALEXANDER
造形創作
油画
2014年
3月20日
Pictorial Scene (Esthetic Text)
in Colombian Fantastic-igurative
Painting Creation. Based on the
Analysis of the Paintings of
Botero and Manzur.
コロンビアの空想的具象絵画の
創造における絵画シーン(美学
テキスト)~ボテロとマンスールの
絵画作品の分析をベースとして~
武藤岩雄
田中久美子
甲博第6号 後藤秀聖 造形創作
油画
2014年
3月20日
風景の内なる表現に関する研究
-絵画制作を通した自然の抽象化
に基づく可能性-
加藤忠一
小町谷朝生
甲博第7号 潮田和也 造形創作
油画
2015年
3月20日
現代における写実表現の研究
~写実表現に有用なテンペラ・
メディウムの技法研究と開発~
石山かずひこ
田中久美子
甲博第8号 手塚沙織 造形創作
油画
2016年
3月20日
透明技法における空間表現の研究
~青と銀箔の重層構造による空間表現~
石山かずひこ
多田夏雄
田中久美子

 

別表】内容の要旨及び審査結果の要旨

学位記 氏名 内容の要旨及び審査結果の要旨
甲博第1号 北嶋秀子 甲博第1号要旨
甲博第2号 劉大志 甲博第2号要旨
甲博第3号 稲葉友宏 甲博第3号要旨
甲博第4号 白成淑 甲博第4号要旨
甲博第5号 BARRIGA
MONROY
JORGE
ALEXANDER
甲博第5号要旨
甲博第6号 後藤秀聖 甲博第6号要旨
甲博第7号 潮田和也 甲博第7号要旨
甲博第8号 手塚沙織 甲博第8号要旨

 

本サイトに掲載されている「PDFファイル」をご覧いただくには Adobe Acrobat Reader DC (Adobe Reader) が必要です(無償)。
Get Adobe Acrobat Reader DC

本サイトのフォントについて