資料請求はこちら

大学院概要

美術界を牽引する人材を養成する

美術大学において4年間の課程を修め、美術の各専門分野においてさらなる制作研究を志す人のために、大学院芸術研究科の教育課程が用意されています。

 

博士前期課程は、各々の表現分野、研究対象をより深く掘り下げ自らを磨き上げるための、一歩踏み込んだ学習内容。ひとりひとりが自分の創作研究の足場を見極め、探究する方向性をしっかりと定めて制作・研究していく2年間です。技術や表現といった個人的差異の大きい美術という分野は、一定の評価を得るまでに長い時間を要する分野であると言えるでしょう。学習内容の骨格となるのは、学生ひとりひとりの主体性と積極性にほかなりません。

 

博士後期課程は、美術の世界におけるリーダーを育てる3年間のカリキュラムです。学部と博士前期課程で積み上げてきた知識や技術を軸に、さらに広く深い事象に見識を広げ、技を磨き、卓越した発想力と想像力を身につけていきます。各々のテーマにおける国際的な基準をも見据えながら、確かな理論に裏打ちされた優れた作品や研究論文を積極的に発表し、美術界を牽引していく人材を輩出することをめざします。創作と研究に対する情熱と、行動力のある人の挑戦を期待しています。

 

大学院の構成

  • 大学院芸術研究科
    • 博士前期課程
      • 造形芸術領域
      • 機能芸術領域
      • 芸術理論領域
    • 博士後期課程
      • 造形創作研究領域
      • 芸術理論研究領域

教育課程概要

博士前期課程

各研究領域の制作研究・特別研究を軸に、全領域共通の科目を設定。学生は、各自の制作研究・特別研究を中心に、所定の単位を修得します。学生自らの設定した研究テーマにそって、必要な研究指導を受けながら自主的に制作研究を進めます。そして、修士作品もしくは修士論文の審査に合格した者には、修士(芸術)の学位が授与されます。

 

博士後期課程

研究領域それぞれの研究科目を軸に構成されています。両領域共通の科目を設定。学生は各自が設定する研究テーマを中心に、実技指導教員、論文指導教員の指導を仰ぎながら所定の単位を修得します。研究科委員会に対して個々の研究活動を報告し、作品と論文の進捗を詳らかにしながら自主的に研究を進めていきます。そして、博士作品および論文の審査と口頭試問試験に合格した者には、博士(芸術)の学位が授与されます。

本サイトに掲載されている「PDFファイル」をご覧いただくには Adobe Acrobat Reader DC (Adobe Reader) が必要です(無償)。
Get Adobe Acrobat Reader DC

本サイトのフォントについて