新型コロナウイルス関連肺炎について

現在、中国 武漢市を中心に新型コロナウイルスによる感染症例が複数の国・地域から報告されています。当該肺炎の患者の検体から新型コロナウイルスが同定されており、中国当局によって暫定的に当該肺炎の原因と判断させております。また、外務省により1月24日~武漢を含む中国湖北省全域が「レベル3: 渡航は止めてください(渡航中止勧告)」に引き上げられたところです。現時点では、持続的なヒトからヒトへの感染の明らかな証拠はありません。風邪やインフルエンザの対策と同様に、咳エチケットや手洗い等、通常の感染対策を行うことが重要です。

 

在学生の皆さんにおいては、以下に示す下記関係情報ホームページにおいて、最新の情報を適宜確認のうえ、正しい情報に基づき、適切な判断・行動を取るようにしてください。

 

留意事項

  1. 風邪やインフルエンザが多い時期でもあり、感染予防のため極力人混みは避け、マスクの着用や手洗い、うがいなど積極的に行うなど、感染症対策に努めてください。
  2. 春休みを迎え海外への渡航を予定している方は、外務省が実施している「たびレジ」に登録をしてください。また、流行している地域への不要不急の渡航は避けてください。
  3. 疑わしい症状が出た場合はすぐ病院を受診し、新型コロナウイルスに罹患してしまった場合は迅速に教務課または保健室へ電話で報告してください。

 

関連情報

キャリア・学生支援センター 保健室