地域総合文化学科について

*

文星短大で学ぶ日々は、社会へはばたくスタートラインに立つためのものです!

ライフデザインとフード — 2つのフィールドが、あなたにとって新しい考え方、知識、技能、そして社会人になった後も学び続けるための方法と基礎的な力を身につけるなど…さまざまなチャレンジを本学の教育プログラムに沿って支援します。

あなたの将来の夢は、どんな夢でしょう。実現することが難しい夢もあれば、より現実的な将来のイメージもあります。将来のイメージは、自分の考えたプランをベースに計画的に実現していくことが大切です。

宇都宮文星短期大学は、学生生活の2年間をあなたの夢を現実化するステージと捉え、人生設計を真正面から取り上げます。本学の地域総合文化学科は、2つのフィールド(領域)と多様なユニット(専門科目群)から構成されています。あなたの人生を設計する学びの場で、自分の夢と真剣に向き合ってみましょう。社会は大きなうねりを伴って、めまぐるしく変化しています。あなたは、前向きに考え、選択・決断し、自分の生き方をデザインしなければなりません。

あなたをサポートするいろいろな専門分野の先生方が、あなたの入学を待っています。

ライフデザインフィールド

変化の激しい現代社会に対応し、生き抜くためのジェネリックスキル(専門に関わらず、社会に通用する知識・技能・態度・就業力)、美意識、クリエイティブな思考を身につけ、職業人として活躍することはもちろんのこと、その先にある人生をも豊かにする視点と行動力を身につけることを目標とします。社会を構成する一員として、主権者、地域人、家庭人としての役割を果たすために必要な教養と知識を身につけ、自分らしい生き方をデザインできる人材を育てるフィールドです。
詳細はこちら

フードフィールド

[栄養士][製菓衛生師]の2ユニット

人は誰もが「おいしいものを食べて健康でありたい」と願っています。そのような願いをかなえるためフードフィールドでは、健康的な食生活について学ぶだけでなく、自らも実践し、指導できる能力を身につけます。また、食に関する素材の吟味や、調理、マナーなど食文化についての総合的な学びを通して、国家資格(栄養士、製菓衛生師受験資格)を取得し、あわせて「食」のスペシャリストをめざします。
詳細はこちら