本学の三つの方針

アドミッションポリシー(入学者受け入れの方針)

本学の教育の理念、目的、目標に則り、特性に応じた適切な方法で多様な入学者選抜を実施し、大学教育を受けるにふさわしい能力・適性等を多面的・総合的かつ公正に評価し学生の受け入れを行う。

<入学までの学習>

本学の各フィールドにおける教育は、高等学校での教育内容を理解していることを前提にして行われます。したがって、次のことを入学までに学習することが望まれます。

  1. 基礎的な読解力と表現力
  2. コミュニケーション能力
  3. 各科目における基礎的な知識と社会事象に関する関心

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

  1. 学位授与の要件を身につけ自立した社会人を育成するために、教養科目・専門科目の教育課程を編成し、学生が主体的・能動的に学修するアクティブ・ラーニングや実践活動を重視した教育を実施する。
  2. 学生が専門的な知識と技能を体系的に学べるよう、基礎から応用までの学修段階に配慮した内容で開講し、「知識・理解」「技能」「思考・判断・表現」「関心・意欲・態度」の伸長と定着を目指せるようにする。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

建学の精神に基づき、地域総合文化学科として、地域文化の探求と発展を目指し、地域の多様なニーズに応えることができる創造性豊かな人材の育成を図るため、「ライフデザインフィールド」、「フードフィールド」の二つのフィールドを設けている。以下のことを踏まえ、本学では建学の精神である「三敬精神」を実践体得し、所定の単位を修め、豊かな教養と人間性を身に付け、専門的知識・技能を修得した学生に卒業を認定する。

  1. 学内外での活動を通し、社会人としての資質を備えている。
  2. 自ら学び、コミュニケーション能力を身につけている。
  3. 様々な問題解決に主体性と意欲を持って、ねばり強く取り組むことができる。
  4. 専門的知識や技能・技術、一般教養などを身につけている。